読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごろごろいも虫のとれとり日記

大好きな旅と鉄道について、気の向くままに綴ります。

ペルー(Peru)+ボリビア(Bolivia)準備編④ 問題発生

こんにちは。

予約が思いの外順調に進んでのほほんとしていた私たちに南米の洗礼がやってきました…😵

まずひとつ目は…
リマ→クスコの移動で使う予定のCruz del Sur社のバス予約ができません。支払いのページまでは順調に行くけど、全部の入力が終わって支払い確定にするとエラーに…。何度やっても同じ…。諦めます。現地で買えることを祈ります…。


ふたつ目は…これが本当にヤバイやつです😭
1月下旬のある日、突然アマゾナス航空(Amaszonas Airline)からメールが届きました。
何も考えずにメールを開いて目を疑いました。メールはこう言っていました…。
“飛行機がキャンセルになりました。飛行機変更のために電話して下さい。”

な…ぜ…??理由も何も書いてなくて、これだけです。とりあえず落ち着こうと、こけしさんとなちこさんと情報共有…。でも、結局なぜだ?と…。そもそも、私たちの便だけ飛ばないのか、それとも全便飛ばないのか…。

とりあえず、電話しろと言うので電話してみたが通じず…。涙が出そうになってきました😢

しかし、ここでも救世主石川さん登場です。アマゾナス航空の航空券は自分たちでホームページ経由で申し込んだのに、泣きついた私たちを助けてくれました。
現状把握をしてくれて、アマゾナス航空のコールセンターに電話までしてくれました。石川さんが神々しく見えました。足を向けて寝られません…(´Д` )

どうやら、その日のラパス⇆ウユニ間の飛行機は全便飛ばず、私たちの予約は翌日に自動的に振り替えられていたそうです。いやいや、勝手に翌日に変えられても乗れないし…(°_°)

キャンセルの理由を聞くと、“天候とかじゃないかな?”ですって。1カ月先の天気なんて誰がわかるんでしょうね(T ^ T)

ここから予定の組み直しです。
でも、今回の旅の最大の目的であるウユニ塩湖滞在を減らすなんてできないので、1日前倒しでクスコ→ラパス→ウユニへの移動をすることにしました。

飛行機キャンセルと日程変更について、一番ホテルの南雲オーナーさんに連絡して、謎が解けました。ボリビアの国民投票のためだそうです。

びっくりです∑(゚Д゚)
ボリビアでは、国民投票や選挙の時には国民全員に投票させるために、国内の全ての公共交通機関が止められるそうです。国際線ターミナルからの送迎などで特別な許可を取った車のみ動いているそうです。

知らなかった…。
しかも、国民投票なんてそうそうあるものでもないのに、まさかのまるかぶりです。

でも、この国民投票去年の9月から決まっていたみたいなんです。なら、なぜ予約を受け付けたのかと言いたい…でも仕方ないんです。南米だから、ボリビアだから 笑

クスコ→ウユニは雨季だし悪路で有名だしで避けていたバス移動🚌に、仕方なく変更です。
バスはTodo Turism社にしました。いわゆる観光客向けの高級バス!少しでも負担を減らすために!
この予約は、サクサクとスムーズに行きました!

さてさて、トラブルはこのくらいで終わってくれればいいのですが、どうなることやら…(。-_-。)

今回はこのへんで…。

ではでは。